真我 探求

本当の私:その他:夢実現ノート

本当の私を知ることで、本当の幸せを実現できるとしたらどうしますか?。そんなウソのような話を信じて実践中です。:本当の私:その他:夢実現ノート

本当の私

ある相談者への返信
・・・・・様 お久しぶりです。
多忙のため返信できなかったことをお詫び申し上げます。
私は「本当の自分」を探求することにしましたので、世間的な幸せや不幸はどうでも良くなりつつあります。
そして、私の場合は相変わらず、適当にやっていることはうまく行って、真剣に本気で行っていることは、うまくいかない感じですね。
もう、それもどうでも良いような気がしていますが・・・・。
ここ一年で私の考え方は大きく変化してしまいました。
引き寄せの法則等は、あまり気にしていないのが現状です。
「本当の自分」は完璧な存在だと、認識して、いつも「本当の自分」に還ろうと探求しているだけです。
ああなりたいとか、こうなりたいという欲求から解放される・・。
そんな気分を少しでも味わうと、願いや望みが苦しみの原因だと、理解できます。
「考えていることが現実になる」
これは、今でも真理だと思いますが、その考え(思考)が私たちに苦しみをもたらす原因だと気づきました。
(実際には気付かされました)
事実、思考がない深い眠りの中では、誰もが至福を味わっているということです。
これは、ある聖者がよく例えていた話ですが「私」という意識が存在しない、深い眠りの中では苦悩も存在しないのです。
それこそが「本当の私」は、至福の存在であることを証明していることだといわれます。
私はその通りだと思い、「本当の私」を探求する道に進みます。
ああなりたい!!も、こうなりたいも、誰かにああなってほしいも、すべての欲求を離れて「本当の私」を探します。
「本当の私」こそが、至福であり、安息そのものだからです。
ごめんなさいね。
ですが、今の私に書けることは、本当の私を一緒に探しましょうとしか、書けません。
どんなに強い願いを持っていたとしても、世間に関する願いは、私たちに苦しみをもたらします。
それは、老い、病気、死として、私たちに訪れます。
また、この世界に永遠に不変に存在するものなどはありませんから、手に入れたものは必ず失う時が来ます。
「本当の私」を知ることで、本当の幸せを手に入れましょう。
「・・・・・様が幸せでありますように」【金華】


変性意識を実現する方法



ありがとうございます

読者の方々に感謝いたします。 ありがとうございます。 こんなサイトでも毎日のように読んでくださる方がいるとお便りをいただき、心から嬉しく思います。 私自身は真剣に書いているのですが、文章も内容も人様に読んでいただけるかと不安もあったのです。・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

心の法則の不思議

心の法則(潜在意識・引き寄せの法則)と呼ばれているものは、ほんとうに不思議な働きをしますね。 自分でも、望んでいるのか、いないのかよくわからないことまで引き寄せてきます。 その曖昧な心境に従って実現されてくるのを体験します。 なぜだろうと考・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

引き寄せの結果の凄さ

解っていたはずなのに、引き寄せの力に自分自身が驚いています。 この10年間一番好きだった人と、一緒に住むことになってしまいました・・。 これは、偶然が重なって、普通ではあり得ない結果につながったのです。 こんなことは自分の努力では実現できる・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

至福から苦悩へ

今は笑ってかけます。 数ヶ月前にね、一番好きな人と一緒に住むことになったと書きましたけど、それが、苦悩の始まりだったです。 本当に好きな人と一緒にいるのに、苦しい日々を送っていました、本当に。 でも、そんな苦しみも、全部「思考を止めよう」と・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

目標や願望はいらない

目標や願いを明確にしてって、ずっと書いてきましたが、それは必要なくなってしまいました。 今さらですが、潜在意識を信頼して、完全で完璧なるものと認識すると、目標や願望は不要ですね。 それよりも、その完璧な潜在意識の世界が現実に反映されるように・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

引き寄せで復縁する前兆はあるの?

引き寄せに前兆はなかった、復縁も突然現実として現われた感じですね。 運命の赤い糸で結ばれているかのように、離れることができないのだろうと思える現実。 しかし、それでも前兆や予感なんてものは全くなかった。 私の場合は復縁といっても、以前好きだ・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

心の安定

願いが叶っても叶わなくても、心を動揺させないことができると、あらためて体験した。 私の過去最高ともいえるような、屈辱的な状況が現われてきてしまった。 そして、その状況に耐えられないだろうと、思い、苦悩に巻き込まれたのは、1日だけでした。 自・・・
  ≫ ≫ 続きを見る