目標 願い

目標や願望はいらない:その他:夢実現ノート

目標や願望はいらなくなってしまいました。なぜって、思考を止めると幸せなんです。理由はわかりませんけど、何も考えないことが一番良い方法だったんですね。:目標や願望はいらない:その他:夢実現ノート

目標や願望はいらない

目標や願いを明確にしてって、ずっと書いてきましたが、それは必要なくなってしまいました。
今さらですが、潜在意識を信頼して、完全で完璧なるものと認識すると、目標や願望は不要ですね。
それよりも、その完璧な潜在意識の世界が現実に反映されるように、思考を止めてしまうことを選択しました。
で、その結果、心は楽になって自由を感じています。
今までにない楽な感じなんです。
現実は改善されていないのに、心だけが楽なんです。
今まで、こんな経験は初めてで、状況と苦しみは関係なかったんですね。
それについて考えたとき、悩みや苦しみが出てくるんですね、その考えることを止めると、その悩みも苦しみも解消するんです。
で、何を考えるんだといわれると、潜在意識が完璧な世界を創り出すんだって、
考えるようになりました。
そして、私はそれを邪魔しないように、考えることを止めようってね。
すべては、完全なる潜在意識が行なっているから、最善の結果が実現されるんだって。
私は、思考を止めて、それを受け取るだけなんだってね。
そう思えるようになってから、心は楽になって、何があっても悩みや苦しみを解消できるようになってきました。
完全に出来るわけではないですが、まあ、すべての悩みや苦しみは解消できていると思えます。
何かがあれば、また思考が始まって、苦しみや悩みをともなうでしょうが、
思考を止めようとすれば、その苦悩も解消されることは知っています。
この経験から、現実の状況と苦悩や喜楽は関係ないんだと、理解しました。
同じ状況でも、苦悩が解消され、心が楽になり、喜びとまではいわないまでも、笑えるんです。
それと、すべては今ここにあるって思えるんですね。
これらが、今後現実にどのように作用するか解りませんが、興味もなくなってきました。
なぜって、現実がどうであれ、心が楽になって、楽しくなるのを経験してしまったからです。
でね、この状態は、外世界とは関係なので、誰にも壊されないんです。
自分が望む限り、その状態でいられるんですね。
面白いですよ。心の不思議ですね。


変性意識を実現する方法



引き寄せで復縁する前兆はあるの?

引き寄せに前兆はなかった、復縁も突然現実として現われた感じですね。 運命の赤い糸で結ばれているかのように、離れることができないのだろうと思える現実。 しかし、それでも前兆や予感なんてものは全くなかった。 私の場合は復縁といっても、以前好きだ・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

心の安定

願いが叶っても叶わなくても、心を動揺させないことができると、あらためて体験した。 私の過去最高ともいえるような、屈辱的な状況が現われてきてしまった。 そして、その状況に耐えられないだろうと、思い、苦悩に巻き込まれたのは、1日だけでした。 自・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

本当の私

ある相談者への返信 ・・・・・様 お久しぶりです。 多忙のため返信できなかったことをお詫び申し上げます。 私は「本当の自分」を探求することにしましたので、世間的な幸せや不幸はどうでも良くなりつつあります。 そして、私の場合は相変わらず、適当・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

ありがとうございます

読者の方々に感謝いたします。 ありがとうございます。 こんなサイトでも毎日のように読んでくださる方がいるとお便りをいただき、心から嬉しく思います。 私自身は真剣に書いているのですが、文章も内容も人様に読んでいただけるかと不安もあったのです。・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

心の法則の不思議

心の法則(潜在意識・引き寄せの法則)と呼ばれているものは、ほんとうに不思議な働きをしますね。 自分でも、望んでいるのか、いないのかよくわからないことまで引き寄せてきます。 その曖昧な心境に従って実現されてくるのを体験します。 なぜだろうと考・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

引き寄せの結果の凄さ

解っていたはずなのに、引き寄せの力に自分自身が驚いています。 この10年間一番好きだった人と、一緒に住むことになってしまいました・・。 これは、偶然が重なって、普通ではあり得ない結果につながったのです。 こんなことは自分の努力では実現できる・・・
  ≫ ≫ 続きを見る

至福から苦悩へ

今は笑ってかけます。 数ヶ月前にね、一番好きな人と一緒に住むことになったと書きましたけど、それが、苦悩の始まりだったです。 本当に好きな人と一緒にいるのに、苦しい日々を送っていました、本当に。 でも、そんな苦しみも、全部「思考を止めよう」と・・・
  ≫ ≫ 続きを見る